ヘルニア治療のPLDD|切らない治療法で負担を軽減

woman

効率の良い治療のために

医者

細菌やガン細胞を除去するためには、それらを構成しているたんぱく質を特定する必要があります。そして特定のためには、様々な担体を入れて、結合するかどうかを調べるという免疫沈降がおこなわれています。たんぱく質が特定されれば、効率の良い治療が可能になります。

もっと読む

さまざまな症状に

病棟

特に新宿などの都会では、夜間診療のニーズが高くなっているようです。内科なら、さまざまな症状に対応していますので、具合が悪いときには内科に行ってみましょう。定期健診や禁煙外来などを行っている病院もあります。

もっと読む

ヘルニアの切らない治療法

看護師

メスを使わず日帰りでOK

PLDDとは椎間板ヘルニアの治療に用いられる方法の一つで、最近注目を集めている治療方法になります。PLDDが注目される理由はメスを入れずに、レーザーで治療が行えることにあります。体にメスを入れる手術は効果が認められているものもありますが、体への負担など心配される面があるのでメスで切らない治療法は患者側だけでなく医師側からも注目されているのです。椎間板は体内にあるものなので切らずに治療できるというのは信じがたいかもしれませんが、効果は実証されています。PLDDなどの切らない治療は入院が必要ないため、入院という拘束がないことも魅力です。椎間板ヘルニアの治療はPLDDを用いれば、忙しくて時間があまりとれない人でも行えます。

行える病院は下調べしよう

PLDDは各地の病院で行えますが、PLDD専用のレーザーを使用するので全ての病院で行えるわけではないです。大きな病院や椎間板ヘルニアを専門的に診ている病院では所有している可能性が高いとされますが、行く前に事前に調べた方が的確な病院選びができます。PLDDを実施している病院の中には、切らないこと・刺さないことをモットーに掲げているところもあります。体を傷付けずに良質な治療を行うという考え方は、痛みを嫌う患者さんにとってありがたいことだと思います。PLDDの治療に関して、病院により費用・かかる時間・技術は異なります。ちゃんと医師と相談をしてから予定を考えてPLDDを行うと、落ち着いた気持ちで治療が行えます。

起床時の疲労感の原因

笑顔

睡眠時無呼吸症候群は原因は多岐にわたりますが、その結果生じることは気道の狭小、閉塞であり共通しています。また起床時に疲労感、頭重感、頭痛、寝汗、口の渇きなどが生じることがあり、その自覚が睡眠時無呼吸症候群の早期発見のための大切なヒントとなります。

もっと読む