運命の人じゃないと感じる人の特徴

  • 2021年4月8日
  • 2021年4月11日
  • ブログ
  • 24View
  • 0件

恋愛において、運命の人と出会い恋に落ち結婚をするというフレーズは多くありますが、そのまたもしかり存在します。

ここではそんな、この人は運命の人じゃないのではないかと感じた場合、どういった特徴がその対象人物に現れているかを解説していきます。

この運命の人ではないのではないかという特徴を理解しておくと、劇的な出会いをした場合、恋愛に発展しその後円滑に結婚に至る可能性を秘めているためできるだけ運命の人を引き寄せたい場合参考になるはずです。

なお、すでに結婚をしている方においてはひょっとしたらあるあると思っていただけたり、それってちょっと違うんじゃあないのかなと思われるかもしれないですができるだけせいいっぱい解説をいたしますのでご覧いただければ幸いです。

運命の人は直感に近い出会い

まず運命の人と出会うという事情はある意味で直観に近い状況下で出会います。

つまり、波長が合うなどの他一緒にいて国感じないとお互いが感じた場合、それは運命の人に当たりそうではない場合、運命の人ではないのです。

直感で出会うというのがポイントで運命というのは出会ってから即座に発生する事情を指しますのでそれに該当しないで会い方をした場合、それは運命ではなく必然的に出会ったにすぎず、例えばお仕事上お付き合いをする関係やただ単純に隣に引っ越してきただけの他人であるなど様々です。

これを理解せずに、偶然出会った人物を運命の人であると勘違いをした場合、それは疑似的な運命の人であって恐らく両想いとならないことが多いです。

逆を言えば、運命の人でなくてもお互い両想いになってしまえば運命の人と呼べますので運命というのはある意味で必然であっても状況を変化させれば運命の人になるわけです。

片思いで終わるものは運命の人と言えない

運命の人ではないと瞬間的に理解する事情の中に片思いというものがあります。

この片思いは、運命の人であると思い込んでいる人物の身が片思いをすることで運命の人は実は運命の人ではなかったと認識することを意味します。

その為、運命の人ではない人物というのは片思いで終わる人物でおそらく他人に対して優しい人ですがそれと同時に周囲にも好感を与える人物であるが故疑似的に恋愛をしているような状況を作り上げてしまう方であると言えます。

その為、その人物には恋愛感情がないと分かると片思いで終わるということになりますので、もちろん恋愛に発展するわけはなく、またその周囲の人物も同じように疑似的に恋愛をしている状況下でいずれにしろこうした人物は周囲に好かれているが故恋愛を当の本人がしているという認識がない人物です。

独占欲が強い人物は運命の人ではない

彼氏や彼女どちらかが独占欲が強すぎる場合、それは運命の人ではないと言い切れます。

何故なら、運命の人は独占関係にあった場合、その運命を強要しているからです。

そうなる運命を強要して運命の人であることを強要した場合、それは疑似的な運命の人であってどこか冷めた目でその人物のことを見てしまいます。

仮にそうした人物を運命の人とした場合、逆に考えればこのような運命は嫌であると運命の人であることを両社が拒むまたはどちらか片方が拒んだ場合どうなるかを考えた場合、運命を変えようとするはずです。

運命を簡単に変えようと試みたりする時点でそれはすでに運命の人ではないため、運命の人と呼べる人物はその恋愛という事情に対して独占欲のようなものを出さないのです。

言葉だけの愛情表現を欲しがる人物は運命とは程遠い

言葉だけの愛情表現を欲しがる人物というのは、運命の人であるとは言えず、運命的な出会いであるとは程遠いと言えます。

何故なら、言葉だけであれば人はきれいごとを言い愛情を確かめることが出来ますが、問題は態度も重要でいかに言葉だけを繕っても態度に出た場合、この人物はうわべだけで好きと言っているが他に別の人を好きなのだと思ってしまうからです。

俗にいう女の感というもので、女性に対してきれいごとが通じない点の中に態度というものがあり言葉だけの愛情表現をする人物または言葉だけの愛情表現を欲しがる人物というのは、はっきり言えば中身を重視しておらず、恋愛に至っているかすら怪しいので残念ながら運命の人ではない人の特徴に当てはまるのです。

運命の人は不快な点が両者にあってはならない

運命の人ではない特徴は、相手に対して不快な点を残してしまうことです。

それは正確だったりうわべだけの愛情表現ばかりをする人物だったりと様々で一緒にいてだんだんと辛くなると運命の人ではない人の特徴を踏んだ人物と交際していると初めて理解するのです。

ここで注意すべき点は、実は自分だけが運命の人ではない人とお付き合いをしていると感じているのであればそれは大きな間違いであると認識を持つことです。

何故なら、お相手も同じようにこの人は運命の人ではないと思っている可能性もあり、そうした場合両者ともに運命の人ではなかったということで最終的な結婚というゴールから遠ざかります。

ですので、自分ばかりを優先して物事を見るのではなく相手の目線でも物事を見ることが出来なければ、残念ながら自分だけが運命の人と出会ったと錯覚しているに過ぎないのです。

運命の人じゃない特徴
最新情報をチェックしよう!