ご縁が欲しい方は縁結びで有名な出雲大社に行くのがお勧め

  • 2021年4月3日
  • 2021年4月9日
  • ブログ
  • 64View
  • 0件

ご縁が欲しい、結婚したいなどと考える人が一度は行ってみたいと思うのが島根県出雲市に位置する由緒正しく長い歴史を誇る出雲大社。商売繁盛や五穀豊穣、また縁結びの神社として全国的にも有名で特に女性の参拝客が多い事でも知られています。
その一方で、出雲大社にカップルでお参りするとその後別れるなどといった都市伝説めいた噂もあるようで気になるところです。
実際の所、出雲大社はどういうご利益があるのでしょうか。そして気になる縁結びの噂の真相はいかに。

そもそも出雲大社ってどんな神社なの

出雲大社は神話の時代から続く歴史ある由緒正しい神社です。主祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)であり、皇祖神であり伊勢神宮の主祭神であらせられる天照大神(あまてらすおほみかみ)に国譲りをしたエピソードは余りにも有名ですね。

大国主命は出雲国を本拠地として活躍し、農業をはじめとして当時の人々が豊かに安心して暮らす事のできる国造りを行い繁栄を築いた事で現代に至るまで商売繁盛や五穀豊穣など多くのご利益があるとして全国から厚い信仰を集めています。またハワイにも出雲大社の分祠があるように海外とのご縁も深い神社です。

どうして出雲大社が縁結びの神社になったの

大国主命は多くの女神達との間にこれまた多くの子供を成したからと言う説が有力です。子孫繁栄や良縁を願う人々にとって恋多く子だくさんで豊かな暮らしを人々に広めた大国主命と縁結びが結びつくのは自然な流れとも言えるでしょう。また、出雲大社には全国から神様が一同に会する神在月の期間があるのも距離や地域の差を超えて色々な縁を結びつける力と関係があるとも考えられています。

更に、大国主命の相棒として大活躍した小名彦命(すくなひこなのみこと)は海外からやってきた神様として知られ、当時の日本には無かった技術や文化を持ち込んで広めたとされています。この事や大国主命の業績から、単なる恋愛の縁に限らず広い意味での縁結び力があるとして経営者の方等からも深く崇敬されているのです。

出雲大社のお参りでカップルが別れてしまうって本当なの

都市伝説のようにささやかれているカップルで出雲大社に行くと別れる噂についてはあまり気になさらない方が良いでしょう。実際に別れるカップルもいるのですが、縁結びの神様という事ですので二人の縁が良縁でない場合には切ってしまわれるのだと地元の方はおっしゃいます。

それに何代にも渡って出雲大社やその分祠で結婚式や七五三等の縁結びや子孫繁栄への感謝のお参りをされている地元の方々こそが、出雲大社の縁結びの力を強く示してくださっている証拠です。万一お別れする事になったとしても新たな縁を頂いた契機だと気分を切り替えて前向きに過ごすとよいですよ。

出雲大社で縁結びのお参りをする際に気をつけたいこと

出雲大社に限らず、神社を参拝する際には原則として正門(一の鳥居)から入って参拝を行うのが良いとされています。出雲大社は広大な敷地を有す上に700メートルに渡る門前町の散歩や摂社のお参りもお勧めですのでぜひ歩きやすい靴で参拝なさってください。清潔な身なりであまり強い香水等をつけないようにして、参拝前に手と口をすすぐのも大切です。また、出雲大社は参拝の方式が二礼四柏手一礼と一般的な神社と違う拝礼方式ですので気をつけておきましょう。

出雲大社は開門と閉門の時間が午前6時から午後20時までです。一般的には神社には日の出から日の高いうちに行くと良いと言われていますので、早めに参拝された後に門前町で名物の出雲そばを頂くなどすると楽しめますよ。

出雲大社で貴方が幸福になれる縁結びをお願いしましょう

良縁は何物にも代えがたい目に見えない宝物です。縁結び神社の代表格とも言える出雲大社にお参りする際には自分の心に正直になって堂々と良縁をお願いしましょう。今相手がいない方でも周囲の方と急速に心の距離が近くなったりあるいはお参りする前のご自身では思いもつかなかったような出会い方を試してみたりと積極的に行動できるようになっていきます。

また、時間に余裕があれば出雲大社だけでなく周辺地域を巡るのも良いですね。観光名所が多い地域ですので、旅行に来た方同士で新たな出会いもあるかもしれませんよ。

ご縁が欲しい人は縁結びの出雲大社
最新情報をチェックしよう!