会社員男性が結婚に焦る年齢とは?

20代後半男性会社員・・・職場には同性しか見当たらず、年齢的にも焦ってきているかもしれません。
もうすぐ30歳になるこの時期、同年代の周りを見渡すとあちこちで結婚の報告が挙がっている中、自分は出会いもなければ彼女もいない・・・自分は大丈夫なのだろうか?そんな不安を抱えてしまうことも無理はありません。家族や親戚に催促されているかもしれません。本記事では結婚に焦り始めるおおよその年齢についてご紹介し、結婚についての悩みの解決法を述べたいと思います。

結婚に焦り始めるのは何歳から・・・?

友人の間で相次ぐ結婚報告・・・そんな風潮の中あまり考えていなかった結婚についてあなたは強く意識し始めたかもしれません。結婚の平均年齢を調べてみると、男性は31.4歳が平均年齢のようです。しかしながらこれは平均年齢のため、中央値をとると少し下がり29~30歳が実際のところでしょう。大学を卒業して会社に入社すると23歳。29歳で結婚するとなると遅くとも27歳ごろには結婚相手と出会っていなければなりません。

出会いを探すには・・・?

しかしながら、会社で働きながら同年代の異性と恋愛関係になるのはなかなか厳しいのが現実です。多くの場合、職場では同性が固まる傾向があるように思います。男性だと工場や研究職、設計など理系大学出身だとその傾向はより顕著でしょう。女性の場合も同様です。看護師や保育士など、やはり男女の比率がちょうどいい職場が少ないように思えます。そんな中出会うには普段の生活圏内を脱しマッチングアプリや合コン、婚活を始めるなどの工夫が必要となるでしょう。能動的な行動が不可欠となります。

そもそも結婚は必要?

会社員として働きながら能動的に出会いの場へと繰り出すのは非常にエネルギーを使うことでしょう。わざわざそんな場所に繰り出してもいい相手が見つからない、連絡先を一度も交換できなかった、そんなことも容易に起こりえます。
しかし、ここで考えを少し変えてみると、周りが結婚しているとはいえ自分にとって本当に結婚は必要なのでしょうか?闇雲に結婚について焦るのではなく、まずは自分とよく対話をし結婚は本当に必要かどうか考えてみることが大事かもしれません。無理して相手を見つけたとして、自分が居たくもない相手と一緒にいるのは本当に幸せなことでしょうか?

周りに流されず自分はどうしたいのかきちんと考えよう

このご時世、結婚しないというのも大きな選択肢の一つです。生涯未婚率も年々上がり続けています。昔と比べると家電やサービスも大幅に向上し十分に1人で生きていける世の中になっています。自分にとって結婚は本当に必要かどうかをよく考え、それから婚活などの行動を始めても遅くないのではないでしょうか。今結婚適齢期の会社員男性は一度冷静になり、周りに流されることなく自分とよく対話をすることです。そうすればあなたは結婚しようとしまいと幸せにぐっと近づくことでしょう。

会社員男性結婚焦る年齢
最新情報をチェックしよう!