婚活で年収を低く言うことはメリット

結婚相談所での婚活もあるため、男性陣は特にこのサービスを利用しています。

しかし、自己紹介ページにプロフィールを載せることになるのですが、そこには年収の欄もあるワケで、年収を低く言うことによって、どんなメリットやデメリットがあるのか、知ってみれば、自分がどう言うべきかが、自ずと見えてくるといいます。

年収を低く言うだけなのに、高く言うだけなのに、出会いの数や質に大きな差が開くようで、そうした意味もチェックしましょう。

結婚相談所ではタブー

婚活をするのなら、それがもしも結婚相談所での婚活であるのなら、年収を低く言うことはできません。

それは、結婚相談所という場所が、真剣な出会いをサポートするところだからです。

結婚相談所では成婚してからの成功報酬制です。

なので、それまでの間は信用や信頼で成り立つサービスでもあります。

男性の場合には入会するためには、入会費から年会費、その他諸費用が発生しますが、決して安い金額ではないので、金額を低く言うのはデメリットでしかありません。

プロフィールがカギ

結婚相談所で婚活をしているのなら、知っているはずですが、これから始めるつもりなら、年収を低く言うのはタブーです。

特に男性にいえる内容ですが、結婚相談所では最初に自己紹介ページを作成しており、プロフィールというのを、結婚相談所側と異性の目に触れさせます。

そのプロフィールを閲覧する異性も、お付き合いするために条件を設定していることを知りましょう。

年収を設定しているなら、その年収よりも低い場合には、プロフィールを閲覧されることはありませんから、出会いが少なくなります。

お金目当て

結婚相談所で婚活を始めようと思っている男性の場合、年収を低く言うことにメリットがあると考えるようです。

これは、お金を目的とする異性を排除できるから、という考えがある話しです。

女性ならば、誰しもが玉の輿に乗ることを夢見るとは思いますが、それは男性にしてみれば、自分よりお金を愛しているだけではないか、そうした印象でしかないようです。

良い人止まりで、結婚まで行かないのと原理は同じで、お金があれば好きでなくても結婚しようと考えている人を排除できます。

女性側の問題

婚活をする上で、女性が年収を低く言うことがあるのは、職種の問題が大きいようです。

稼げる職種であれば、その大半ができる女と思われています。

男性社会といわれている中、もちろん女性の活躍ぶりも評価されていますが、それでも世の中の男性陣は仕事を生き甲斐にしていますし、誇りにしています。

そんな自分と比べてしまうこともあるといいます。

女性の方が年収が上であれば、周りからもヒモ扱いされかねない、結婚後も収入面でヒケを取りたくはないのです。

出会いの数

婚活をする男性が、年収を低く言うことは知られていますが、年収を高く言うだけでメリットがたくさんあります。

それは出会いの数の多さです。

もちろん、男性でも女性でも年収の問題には触れるでしょう。

結婚、将来を意識するからです。

年収を高く言うだけで、出会いの数が増えるのは、将来、安心して生活を送りたいからですが、異性に求める条件には年収いくら、という項目があります。

守ってもらうには、お金が必要になるから、年収も出会いの条件に入るわけです。

婚活で収入を低く言うメリット
最新情報をチェックしよう!