婚活は引きこもりでも可能か

婚活をしたいけれど、引きこもり状態では活動範囲も限られるでしょう。

また、引きこもりであれば、異性と出会える機会ももちろんありません。

そうした状況下でも婚活はできるのでしょうか。

できないのなら、どうすればできるのかを考えてみなければなりません。

また、引きこもりの状態にある人を好きになった場合にはどういった行動に移ることで成婚に繋がるのか、多方面から紐解いてみましょう。

見えてくるのは、結婚したいのなら行動する以外にないということです。

手軽さや気軽さ

婚活をしたいと考える男女は少なくありませんが、その環境がもしも引きこもり状態であれば、活動ができないのではないか、不安に感じるでしょう。

外に一切出ることがない引きこもり状態から、食料を調達するくらいなら外出できる引きこもりまで、様々です。

しかし、婚活をするならば行動しなければなりませんが、その1つの手段としては婚活アプリがあります。

部屋にいても、スマホやパソコンがあれば、手軽に、気軽に婚活ができます。

オンラインでも可能

婚活をするにしても引きこもりでは行動できないイメージですが、婚活アプリが活用できます。

また、婚活パーティーなども展開されていますが、もちろん引きこもりであれば、会場に赴くことができないため、諦めざるを得ないでしょう。

しかし最近では、リモートワークというように婚活パーティーもパソコンの画面上で行うこともあります。

オンライン飲み会などが知られていますが、婚活パーティーも同様、オンライン上で開催されています。

回復してから

婚活をしたいけれど、引きこもり状態の自分ができるワケもないと諦めざるを得ないのなら、まずは、カウンセリングなどを受けてみましょう。

一人で解決しようとせず、第三者のサポートを受けるのも一法です。

引きこもりの原因の多くがメンタル的なものであり、精神科や心療内科などが専門家です。

こうしたところで、相談に乗ってもらったり、治療を進めながら、回復してきてから婚活をスタートさせるのも一法で、決して諦めることはありません。

アプローチをかける

婚活をしていて、例えば、婚活アプリで知り合った異性が引きこもりであるのなら、知り合ってからどうアプローチをかけたらいいのでしょうか。

第一に、引きこもりの状況下から少しでも外の世界に興味を持たせることをしなければなりません。

難しいように捉えてしまいがちですが、婚活アプリで知り合ったということは、引きつけを続ける異性も少なからず、結婚したい願望があることが伺い知れます。

ですから、徐々にメッセージを交わして心を通わせてから、外に連れ出すようにアプローチをかけましょう。

まずは部屋を訪れる

婚活をしていて、気になる異性が引きこもり状態であるなら、引きこもり歴をまずはチェックしましょう。

長らく引きこもり状態であれば、社会に出ているケースは限りなく少ないでしょうが、まだ浅いのであれば、十分に社会に戻してあげることは可能です。

もちろん、長く引きこもり状態であっても、見捨てるワケでなく、まずは外で会うのでなく、異性の住む部屋に招いてもらいましょう。

仲良くなってからでも十分に社会に適応できます。

引きこもりの婚活
最新情報をチェックしよう!