結婚するなら平均年齢を知ろう

結婚するなら平均的な年齢はあるのでしょうか。

言わずもがな、結婚適齢期がそれに当てはまりますが、その適齢期に当てはまらない男女もいるわけで、それぞれ異なる理由から結婚を考えていることも分かってきています。

男女で異なる理由をはじめ、どんなときに結婚を意識するのか、そうしたことを知ってから結婚に向けた活動をするのも手の内です。

女性と男性によって異なる結婚観というのも、1つのポイントになるかもしれません。

出産するため

結婚適齢期というのが巷にはありますが、だいたい20代後半から30代前半までを指しています。

平均年齢というのがありますが、あくまで平均です。

なぜ適齢期なのかといえば、それは女性のカラダの問題が大きく左右するからでしょう。

第一に、「出産」です。

閉経してからの出産は望むことができないため、月経が毎月しっかり来る年齢となる20代・30代のうちに結婚をする傾向にあります。

世の女性の多くが子供を欲しがるからでしょう。

でき婚もある

平均的に結婚したいと願望を持つのは10代から幅広いようですが、現在子育て世代となるのが30代ですから、結婚の平均年齢は20代というのが妥当です。

一昔前はでき婚というフレーズも耳にしましたが、でき婚の平均的な年齢は10代でした。

若くして妊娠してしまい、将来の不安が残りながらもできた子供をおろすことはできないとして、10代で結婚する女性は少なくありません。

結果的、子供の保護者の年齢層もバラつきがあります。

晩婚化している

結婚したいと思うタイミングが誰にでもありますが、晩婚化していることをご存知でしょうか。

平均年齢は50代です。

これは男女ともに言われていますが、仕事一筋にやってきたため、婚期を逃したことの裏返しになります。

仕事の節目であるキャリアアップを図ってから、ふと自分の将来に不安が募るとも言われており、平均的に40代後半から婚活に励む傾向にあるようです。

普通の環境に出会いがない、これも晩婚世代の悩みに挙げられていました。

お一人様という年齢

結婚しない人もいらっしゃいます。

いわゆるお一人様ですが、いつ頃、そうした考えに変わるのかといえば、平均年齢は50代なのだそうです。

職場ではキャリアを積んでおり、地位も名誉もある年齢ですから、色んな異性にも接しており、出会いがないこともありません。

それでも出会わなかったのなら、それが運命だと諦めるようで、結婚せずに一生独身を貫く傾向にあります。

また、こうしたキャリア組は自分よりもランクの低い人と結婚することは少ないとも言われています。

男女で異なる

結婚をする平均年齢は男女では違うのでしょうか。

先にあげたように、女性の場合には出産を経験したいからこそ早めに結婚を意識して行動に移ります。

いわゆる婚活もしているようです。

一方、男性は働き盛りでもありますが、プライベートを充実させたいから、いわゆる遊びを優先したいからこそ30代後半から意識するとも言われています。

結婚してからは、遊びよりも家庭を優先せざるを得ないから、だからこそ結婚適齢期でも遅めスタートです。

結婚する人の平均年齢
最新情報をチェックしよう!