結婚が決まった!親への挨拶で大事なことは?

  • 2021年4月18日
  • 2021年4月14日
  • ブログ
  • 52View
  • 0件

目の前にひざまずいて…“パカッ“「僕と結婚してください!!」「はい、よろこんで!」なんてロマンティックなプロポーズがあったかなかったか。
結婚が決まった皆さまおめでとうございます。今回はプロポーズが終わったあとの最初の壁、『親への挨拶』についてまとめてみました。
服装は?手土産は?そもそもどんな風に挨拶をすればいいの?不安がいっぱいだと思います。
これからの結婚生活を左右する『親への挨拶』どうすれば好印象になるのをお教えします!

親が好きなのは「平凡さ」

まず親が子どもの結婚相手に何を求めているか。高収入高身長?才色兼備?いえいえ、実はほとんどの親が子どもの結婚相手に求めているのは「平凡さ」なのです。
ここでいう平凡さとは地味で目立たない、冴えない、というマイナスな意味ではありません。
悪芽立ちせず、良い意味で普通。個性派よりも平凡な普通の人を求めています。(だって自分の義理の息子、娘になる人。あんまり主張が強いのは困ります。)
そこでまず「平凡さ」を演出するために服装を気をつけましょう。
ど定番で大丈夫です。女性ならシンプルなワンピースにパンプス。男性ならスーツが一番無難です。
この時、おしゃれさを意識するのはNGです。
親が好きな「平凡さ」とは何か。シンプルな白やブルーのワンピースにヒールの低いパンプスを履いたあなたはどのドラマにも出てくる通行人の清楚な女性。
主役は目指さないでください。主役は息子さん。(もしくは娘さん。)
ご挨拶に行く身ですので主役ではなく通行人を目指すと第一印象はクリアできます。
まず、この第一印象を突破できればあとは少しのアクションで成功するはずです。

結婚の挨拶に「つまらないもの」」?

挨拶に行くときは必ず手土産を持っていきましょう。可能であれば、恋人から親の好みをリサーチするのは良いです。
ただ、男性の場合は親の好物を知らない方がほとんどです。
その時はご自身のご両親や祖父母を思い浮かべてください。会いに行く方の年齢に近い人を具体的に想定して、何が喜ばれるかを考えましょう。
無難なのは「小分け」のお菓子。和菓子なのか、洋菓子なのか、悩むところですが無難にいきましょう。
親世代なら近所に知り合いやお友達が多いものですので小分けできて日持ちするお菓子なら処分に困ることはありません。
(むしろ、「うちの息子がお嫁さん連れて来てね?」なんて自慢しに行く時の手土産になりますから。)

先方にお渡しするときは「つまらないものですが」なんて古臭い台詞は言わない方がいいでしょう。
お渡しするときは「何がお好きかわからなかったので、私の好きなものをお持ちしました。お口に合えば嬉しいです。」と言うと可愛げがあり、相手への思いやりも感じられて好印象です。
ちょっとご年配向けのお菓子なら「うちの両親の好物で」など、とにかく「つまらないもの」は持って行かないのが吉ですよ。

親の前では恋人に尊敬を

普段どれだけ尻に敷いていても、亭主関白を目指していても、相手の親の前では恋人を尊敬し崇拝し愛していることを前面に出しましょう。
何も、「愛してます!」と宣言はしなくていいですが親の前では必ず敬称をつけましょう。
「たかしさん」「ななこさん」と必ず「さん」をつけましょう。親御さんが大事に育てた娘、息子さんです。呼び捨てはもちろん、「たかぴょん」なんて愛称は二人きりでラブラブしてる時だけにしましょうね。

話をしているときに、「たかしさんがこう言ってくれて」「たかしさんが連れて行ってくれた」「たかしさんが」と主語を恋人にして話すと親からは「うちの息子は愛されてるんだな」ととても喜ばれます。
あまり喋りすぎない方が良いですが、もしおしゃべり好きだったり得意な方なら恋人が主役、恋人が主語、というのを活かしてくださいね。

本当の挨拶は「手紙」

親への結婚の挨拶が無事に終わり、「はぁ?頑張った?!これでオッケー!」となるのはまだ早い!
本当の挨拶はまだ終わっちゃいません。
挨拶が終わった1週間以内に必ずやって欲しいのは「お手紙」を出すことです。
メールやLINEが主流の今、丁寧に書かれた手書きの手紙は誰がもらっても嬉しいものです。それが息子の結婚相手ならば尚更。
「なんて気の利いたお嬢さんでしょう!」「なんて丁寧な娘さんなんでしょう!」好印象間違いなしです。

内容は大したことは書かなくて大丈夫です。
先日はお時間をいただいてありがとうございました、とかお会いできて嬉しかったです、とかその程度の内容をさらっと綺麗な便箋にしたためるだけでご両親はあなたのファンになるでしょう。
「お二人のような夫婦になれるように」とか「たかしさんの優しいところはお二人に似たんですね」とかさりげなくご両親への言葉を入れると尚良いと思います。
決して嘘は書かず、文章は書きすぎず。(ボロが出ますので。)さりげない一文を載せると品位ある女性、男性にみえますのでおすすめです。

親への結婚の挨拶、大事なことは4つ

親への結婚の挨拶についてまとめましたがいかがでしたか?
①服装は「平凡さ」を意識する
②つまらない手土産は渡さない
③親の前では恋人を「さん付け」
④本当に大切なのは「挨拶の手紙」

この4つをクリアすれば嫁姑問題にならないはずです!
何よりも好印象を与えることが大切ですので、親への挨拶の時だけはドラマの通行人のような平凡さで過ごしてくださいね。
それ以外はプロポーズされた幸せいっぱいの花嫁さん!キラキラの指輪を自慢げに街を歩いてください!

親への挨拶で大事なこと
最新情報をチェックしよう!