ペアーズ利用で写真と違う女に会わないために注意すべきこと5選

マッチングアプリを利用して相手を探す際、注意しなければならないポイントがいくつかあります。
そのうちの1つがプロフィール欄の写真です。
特に男性の場合は、注意して見ないといざマッチングして出会ったときに後悔することになるかもしれません。
或いは、そもそも会えない可能性さえあります。
この記事では、マッチングアプリの中でもペアーズを利用している男性に対して、写真と違う女に会わないために注意すべきポイントを5つ紹介します。
相手の写真をみるたびにこのポイントを確認し、真剣に相手を探している女性なのかを判断する指標として下さい。

1.そもそも写真がない

そもそも写真が1枚もない、或いは動物や物など相手の見た目が判断できないような場合は注意が必要です。
女性にとってインターネット上に自分の写真をアップロードすることは男性よりもリスクがあるのは確かです。
しかし、マッチングサイトという出会いの場で自分の写真を載せないのは真剣に出会いを求めている状態とは考えにくいです。
もしかしたら何かしらの理由があるかもしれないので、メッセージが続くようであればそれとなく理由を聞いてみるべきです。
また、出会う段階になった場合は事前に写真を送ってもらうようにすると良いです。

2.顔写真のアップしかない

顔写真を載せる場合は見た目が判断できるよう全身やバストアップ(胸から上)の写真が多いと思います。
しかし、顔のアップしか載せていない場合もあります。
写真を見る側からすれば、その写真から判断せざるを得ませんが顔のアップのみでは情報が不足しています。
顔以外の体のパーツで気になるところがあるとか、何かしらの理由があるのではと考えて聞いてみた方が良いです。
もしかしたら、相手が気にしすぎているだけで問題にならないことかもしれません。
ただ、出会った時の相手と想像の相手とのギャップを小さくするためにも確認しておくべきです。

3.特定の角度のみの写真しかない

女性は写真の撮り方が上手な方が多く、自分が最も良く映る角度を知っている方も多いです。
そのため、自身がある角度のみやポーズの写真しかないこともあります。
特定の角度のみで撮ることが悪いことではありませんが、マッチングアプリ上では不適当です。
それが気に入ればとりあえずは良いですが、いずれマッチングして会ったときにその角度のみで相手を見ることはありえません。
見る角度によって感じ方が変わるのは良くあることなので、できればいろいろな角度で撮った写真を載せている女性の方が安心できます。

4.加工のしすぎ

写真を撮る時に加工を全くしない女性は多くないと思います。
また、加工アプリはより綺麗に、より自然に加工できるよう進化しているので加工の有無や箇所を正確に判断することは難しいと思います。
しかし、誰が見てもわかるような加工をしすぎた写真を載せている女性は注意が必要です。
不自然に大きい目やおおきく削られた顔の輪郭など、加工をしすぎた写真を載せている女性は真剣に出会いを探しているとは考えにくいです。
興味を引くために加工しすぎな写真とそうでない写真を載せているような場合は良いですが、加工のしすぎた写真のみの場合はマッチングを避けるべきです。

5.自撮り写真しかない

最後に、自撮り写真しかないのも注意が必要です。
自撮りの場合は、自分が持っているアプリで加工し放題です。
自撮りしかない場合は、載っている写真全てが何かしらの加工が施されている可能性もあります。
これでは、本当の相手の見た目がわかりません。
自撮りの中がある中でも、友達が撮った写真があったり友達と一緒に撮った写真がある場合は安心できます。
自撮り写真を見つけたら、他の写真と共に見て相手が真剣なのかどうかを判断するべきです。

紹介したことのまとめ

ペアーズで写真と違う女に会わないために注意すべきこと5選を紹介しました。
紹介した中で共通の注意点は、特定の写真のみの場合です。
対して、特定の写真のみではなくいろいろな写真を多く載せている相手は信用できると考えられます。
写真から得られる情報が相手の全てではありません。
しかし、写真から得られる情報がないか少なければ、ほかの情報で補うか出会ったときに後悔するかもしれないリスクを承知で続けるしかありません。
人は中身が重要だとは言われますが、特に最初は見た目で判断するしかなく一度決まった印象を覆すのは至難の業です。
真剣に出会いを探す自分にとって、妨げにならないよう良く注視して相手の写真を見るようにすることをおすすめします。

ペアーズで写真と異なる女性
最新情報をチェックしよう!