ペアーズにサクラは居るのか? 潜入捜査!

“マッチングアプリとして有名で人気のペアーズ(Pairs)は、イケメンや高収入の人は普通に使えていると思います。
しかし、全員がそうとは限りませんし、フツメンで特徴の無い人の中には何年もマッチングすらしないということもひょっとしたらあるかもしれません。
そういった人が特にひっかかりやすいのが、サクラ。
ペアーズにはサクラが少ないと言われていますが、実際にはサクラがいます。
サクラといっても、中には海外からの悪質なものが出回り、ペアーズ側が(まだ)対応しきれないものもあります。
今回は、ペアーズを使っていた筆者の実体験を踏まえ、サクラの実態について見ていきましょう!”

自己紹介文にLINE IDがあるのはだいたいサクラ

“これ、よく考えると明らかに怪しいんですが、自己紹介の文やプロフィール写真に隠しているところを見ると、逆に好奇心が沸くというものです。
筆者は試しに(半分本気で)、台湾人学生と称する方の、解読したLINE IDを何件か登録してみました。
すると、一つのIDから連絡があり、結構直接的な言葉で誘ってくるではありませんか!
それまでマッチングさえ無かった筆者には(笑)、写真からも魅力的に見えるのです。
(なお、実際には写真も全て嘘で、中国か台湾の業者がやっているものと思われます。)”

筆者が引っかかったワナとは?

“次の日、その台湾人(仮)と会うと約束した筆者に、LINE電話がかかってきました。
いわく、今のLINEが使えなくなったから、新しいLINEにしたいと。
今思えば、この時点で怪しさ100%でした(笑)。
若い女性の声で中国語と、日本語が難しいから翻訳機械を通じてのことでした。
留学生なら、ふつうカタコトでも話せない? と疑問をもつべきでした。
思い返せば、詐欺業者は若い女性を雇ってでもそれを上回るお金を得ているんですね。
そう、それがサクラです。
会えるという実感を沸かせて、先にお金を払わせて利用者のお金をせしめる。
それが彼らの狙いです。
偶然を装って、近くの待ち合わせ場所に誘います。
学生を装って、学費を要求します。(日本の○○活などの方が会えるだけマシです…。)”

マッチングアプリ以外で絶対にお金を支払ってはいけない

“待ち合わせの場所のコンビニでお金をいくら支払ったところで、写真の女性には絶対に会えません。
写真の女性はきっと拾い物でしょうし、彼らはサクラ。業者です。
我々の目の見えない、おそらく海をこえたところに居るのですから。
とにかく、場所に来たことの確認後、Vプリカを買わされてコードを送るように要求されます。
コードを相手に見せればすぐ、お金は彼らのものです。
見せる見せないで争っていたら、例の女性からまた電話がかかって来ました。
ここでも会えると巧みに勘違いさせているわけですね。
彼らは領収書が無ければ換金できない、現金は捕まって送還されるからダメだ、日本が好きだ、時間の無駄だ、すぐに向かう、などと、言葉巧みにコードを見せようとします。カタコトの日本語のチャットで。
純粋なこちらは完全に留学生だから仕方ないと思っていますよね(笑)。
仮にコードを見せたところで、家具代だなんだと要求はエスカレートするだけだと思います。
領収書を受け取るまで取引はしていないから通報しても無駄だと言いました。(実際はコードを見せれば取引は発生するわけですが。)”

サクラだらけではない

“筆者はペアーズには懲りたので、退会しようと思いました。そういう日に限って、マッチングしたりする訳でして、今度は信用のおける日本人女性とお付き合いすることができました!(詳しいハッピー話は今回は割愛します。)
ですので、ペアーズでもサクラじゃない人も大勢いますし、相手がサクラでないかは、本人確認がされているかなど、ペアーズでは確認する方法はたくさんあります。
男性は有料プランじゃないと連絡先を教えられませんが、上記サクラよりかはペアーズに払った方がまだマシです。
美人・美男子に浮かれずに、しっかりと中身を確認をして、早く確実なリア充生活を満喫しましょう!(笑)
あと、ペアーズには、きちんと業者には対応してほしいですね!”

ペアーズはサクラがいる
最新情報をチェックしよう!