結婚しない男が情けないというのは勝手な偏見です。

  • 2021年4月4日
  • 2021年7月1日
  • ブログ
  • 169View
  • 0件

男性が結婚しないということを情けないことであると思っている女性陣の方は多いかと思われますが、本当にそうでしょうか。

たとえば、男性からしてみて結婚をすることを望んでいないとすれば、結婚をしてほしいと願っている女性側に全くの魅力がない、そういう風にとることも可能です。

ここでは何故、男性が結婚を望まないのかということを解説しつつ、男性が結婚をしたいと思える環境を作ることが出来るようになるには女性側はどうすればよいかということを踏まえて解説をしていきたいと思いますのでご覧いただければ幸いです。

なお、男性の考えが理解できるように極力気を付けて書き上げていきますが、中には納得できないかと思われる門限もあるかと思われますがご了承のほどお願いいたします。

目次

男性が結婚を望まない理由を考えるべき

男性側が結婚を望まないから、女性からしてみれば、男性とお付き合いをする利点がないですとか、そもそも結婚願望がないのになぜ彼女が必要なのかと思われるはずです。

しかし、いざ結婚するとして果たして、本当にその結婚を望まない彼氏が結婚を望みだした場合、幸せになることが出来るかと言われると、幸せになれる可能性は未知数です。

何故なら、彼氏自体が結婚を望まない理由が経済的な理由であると仮定した場合、果たして彼女である女性側は経済的に豊かではない結婚生活を送ることに許容できるかどうかが問われるのです。

そうした観点から言えば、彼女となる女性がノーを突きつければ交際自体が終わってしまうこともありますので、男性から結婚を望んでいるということを言い出すことが出来ないわけですね。

まだまだ遊んでいたい

男性は30代になって初めて仕事が落ち着いてきて、遊ぶ時間ができます。

仕事にも金銭的にも余裕がある30代の男性は一番モテる時期に突入するため、今まで仕事に追われてプライベートを犠牲にしてきた男性からすると、結婚を迫られると「やっとモテ期になったのに?」と思ってしまう男性陣も多いです。

パートナーのことより、自分のことばかり考えていると思ってしまう女性も多いですが、男性からすると自分の結婚のことばっかり考えて遊ばしてくれないと思っていることでしょう。

大きな器で、少しくらい遊んでも良いよと寛大に受け止めてあげてください。

自由時間を確保したい

結婚していない独身男性にとって一番のメリットは自由時間が多いことです。

  • 仕事終わりに後輩と少し飲みに
  • 取引先の人と週末はゴルフに
  • 会社の上司と接待で夜遅くまで接待

社会人の男性は、仕事の勤務時間以外にも接待や付き合いなどの予定が沢山あります。
しかも、上司や取引先の人に誘われたら行かなくてはならないので、自分の時間を自由に使えない状況が多いなか、やっと空いた自由時間を独身男性は満喫しているのです。

結婚したら、やっと空いた自由時間もパートナーの予定で埋まってしまい、仕事の予定が入ったらパートナーに怒られるという肩身の狭い生活を余儀なくされると考えると可哀そうだと思いませんか?

結婚してもお互いの自由時間・仕事の予定は優先できるということをルール付けすることにより、男性陣の気持ちにも余裕ができるのではないでしょうか。

金銭的な余裕がない

男性は飲みにいったり、接待にいったりと交際費が多くかかります。
女性とのデートや食事をする度に、全て男性の負担としてのしかかってきます。

貯金する余裕もない中で、カツカツの生活をしている男性陣も多いため、これ以上に固定費がかかると思うと恐怖を感じることでしょう。

「専業主婦になりたい」、「子供は3人以上欲しい」、「マイホームは便利なところで建てたい」など言われるだけでは現実味がなく受け入れていた男性でも、いざ結婚となると全ての金銭的負担を背負わなければならないという不安が襲い掛かってきます。

最低限の慎ましい家庭を共働きで築くようなことを夢みるパートナーであれば、男性も結婚したいと思えるでしょう。

結婚したいと思える女性がいない

結婚願望はあるけど、今の彼女とは結婚を考えられないという男性の方も多くいます。

彼女としては魅力的だけど、家庭を持つ対象としては見れないと思っている可能性もございます。

女性としてのセクシーさや魅力などはあっても、家庭的なイメージがなければ結婚したいと思える対象になりません。

女性としての魅力だけでなく、妻としての生涯パートナー、母親としての器の大きさ、全てを兼ね備えている必要があります。
家計を任せても大丈夫か?料理はできるか?家事はできるのか?と様々な角度で結婚したいと思える理想の女性になれるように努力をしましょう。

そもそも結婚願望がない

結婚願望がない独身男性が増えています。

日本人特有かもしてませんが、結婚している男性は結婚生活を悪く言う風潮があります。

社会人になって5年・10年先に進んでいる先輩が社員が、「妻が厳しくて…」、「家族サービスが大変で…」、「子供で出費が…」という話ばっかりしているのを聞かされると、結婚=しんどいと思ってしまいます。

両親に感謝しているし、子供も欲しいけど、そんな辛い生活をさせられるくらいであれば、結婚せずに独身でいた方が良いと思う男性も多くいます。

ライフスタイルが変化することに耐えれるのか?

これは結婚することでライフスタイルが変化することに耐えることが出来るのかという問題を真剣に考えた場合、男性女性問わず陥る問題です。

男性の方が家庭を支えねばならないという思いが強い場合、果たして今のライフスタイルを変えてまで結婚し、家庭を持つことに意味があるのかということを考えてしまうのです。

無論、女性からすれば結婚してみなければわからないことを何故先に考えるのか?理解に苦しむでしょうが、男性からしてみれば男性が働いている場合、家庭を持つことで周囲には結婚している男性として見られかつ、家庭を持っていることで他社と比較されることもありうるのです。

そうした場合、果たして、男性側はそれら、他者の結婚している人と比較されることに耐えることが出来ますかということです。

結婚すると仕事の時間が奪われる

社会人の男性のライフスタイルの中で大幅な時間を費やしているのが、「仕事」になります。

仕事をしていると、残業があったり、仕事終わりの付きあいがあったりと仕事以外の時間もほとんど仕事に費やしている男性が多いです。

結婚するとライフスタイルが大幅に変わり、仕事に影響が出てくるのではないかと心配している男性陣は多いです。

仕事も結婚も両立できる環境を用意してあげるようにしてあげましょう。

結婚すると趣味の時間が奪われる

最近では、アウトドアやDIYなどの趣味が流行っており、趣味を持つ男性が多くなっています。

趣味を持つ男性は、自分の趣味時間をとても大切にします。
仕事を頑張って、やっと作った時間を結婚して全て奪われると思うと結婚に対して悲観的に考えてしまう男性は多いものです。

結婚したあとも、自分の趣味を確保できる、むしろ趣味を応援してくれる女性であれば結婚したいという願望が高まることでしょう。

両親にあう決心がない場合も結婚しない可能性がある

結婚をする場合、お互い両親にお会いしてから結婚をすることが一般的です。

ですが中には両親にあう決心を持てない男性や女性も存在します。

そうした状況下では、ひそかに結婚をして暮らすというのがセオリーになりますが、そうした場合、第3者を通して両親にひそかに結婚をしていることが知られた場合、どうなるか、予測は尽きません。

この、両親にあう決心を持てない男性、および女性が結婚をしないということは多々あり、こうした場合如何に両親とお会いして両親の許可を得てから結婚をすることが出来るかが重要となり、両者ともに説得により両親を説得するい必要性があるわけです。

もちろん、両親を説得できた場合、晴れて結婚が認められますのでまずは、結婚ができない理由が両親への照会である場合、お互いに協力し合い両親にパートナーを紹介するのが望ましいのです。

両親はフレンドリーな人か?

男性がパートナーの両親について最も恐れているのが、厳しい罵倒を浴びせられるのではないかという点です。

両親がフレンドリーで社交的で誰にでも優しい人だということを、常日頃から男性にアピールしておくと、家族思いで優しい家族がいると思ってくれることでしょう。

結局のところ生活費に困る理由が多い

結婚できない男性を情けないという風潮ですが、これは情けないとみられてでも結婚をしない方がマシであると仮定した場合、結局のところ結婚と結婚後にお金がかかるという現実を見ていると言えます。

こうした男性の場合、すごくまっとうな理由でお金に困る可能性があるため、結婚という儀式を挙げずパートナーを持つという考えを持つのです。

この場合、女性からしてみれば結婚式を挙げてくれない男性であるという風に見てしまいがちですが、見方を変えれば結婚という費用を抑えたうえで家計のことを考えていると考えたら結婚をしないまたは結婚式すら上げない男性は情けない存在であると思わなくなるでしょう。

逆を言えば、結婚ということにこだわりすぎている女性の方が間違いを犯しているという考えを持つこともできるわけですね。

専業主婦が夢であれば…

マイホームなどの希望は…

子供の養育費なども

結婚することに対してのメリットを説明できるか

結婚できない男性を情けない男性であるという方は、では結婚をすることで得られるメリットについて本当にきちんと説明できるかどうかをまず考えてみてください。

相手のことばかりを否定することは、自分が結婚ということに対して何らかのメリットがあるということを踏んでいるからこそ否定できるわけです。

そうではない場合、単純に周囲が結婚をしているというだけでそれに従ってないものを排除しようとしているだけにすぎず、言い方を悪く言えば周囲に流されているだけの人物で中身がないのです。

その為、結婚できない男性を情けない男性だと、決めつけて嘆くことがあるのであればまず、そうした男性に対して結婚がプラスとなることを照明すべきであると言えるのです。

それすら放棄して相手を否定しているのはただの卑怯者でしかなく、周囲と異なる人物をただ単に否定したいだけの人物であるということです。

ですので、たとえパートナーが結婚に前向きでなかった場合、結婚をプラスになるものであると証明できるパートナーこそ真のパートナーだと言えるのです。

結婚しない男に多い共通点

結婚しない男は草食すぎる男子

結婚しない男の人はそもそも男性が多い職場にいる傾向があります。

女性との出会いも少なく、出会わないため話すこともなく、女性とお付き合いすることが少ないです。

また周りが男性に囲まれることで独り身が自分だけではない、という安心感や普段の職場で身なりを整えたり、言葉や仕草、気遣いなど少なくなる傾向があります。

もちろん、人によりきりだと考えれますし、性格もありますがら女性がいたら、口調がいつも厳しい人に近寄りがたいと上司に相談されたり、苦情が起こりやすいです。

ですが、男性同士であればそのような横柄な態度をとっても、そういう人だからしょうがない、という周りの認識が優しくなります。

その結果、女性に対する態度と男性に対する態度を知らない人が結婚しない男に多いです。

結婚しない男は表面上の優しさを知らない

女性と男性の優しいの認識を知らない人が多いです。

特に結婚しない男は女性への気遣い、心配りの、表面上の優しさを知りません。

男性同士では心の底から信頼する優しさや大ピンチの時に何がなんでも絶対に助ける人に友情や信頼をもちます。

普段の仕事や生活が多少だらしなくても、ピンチに助けてくれることで人間関係が保てます。

ですが、女性は逆です。

もちろん、信頼をしてピンチに助けることは人として必須だと思います。

しかし、出会ったばかりでその性格を見抜けることは難しいです。ピンチにならないと見られないような状況が毎回起こるわけがありません。

そこで目の前にいる男性が優しいかどうか、について見極めるには普段の行動で判断するしかありません。
なので、レディーファースト、重たい荷物をもつ、車道を歩く、などの行動で自分への優しさを知るのです。

結婚しない男は一人が楽しい

究極の答えになってしまいますが、結婚しない男は一人が楽しいです。

一人で料理をする、洗濯する、旅行する、ゲームをするなど、一人で楽しめる趣味をもったり、自分でなにかをすることに魅力を感じたり、価値を感じる人が多いです。

もしも、寂しさわ感じれば友人を誘えばいいし、どうしても厳しければSNSで共有することもできます。
そのため、一人の時間や空間を苦に思わない人が多いです。むしろ、一人を謳歌することに価値まで感じる人もいます。

一人じゃ楽しめないこと、二人なら楽しめる何かを知らない限り、永遠と一人を楽しむ傾向にあります。

そもそも二人じゃないとできないことは選択肢として残さないので、まずは選択肢をたくさん広げる必要があります。

結婚しない男はお金に余裕がある

結婚しない男はお金に余裕があります。

お金に余裕があるのに、結婚して妻や子供を養い、自分の稼いだお金も時間も失うくらいなら、結婚する必要性を感じません。

また結婚することによってメリットはなく、万が一離婚してしまった場合、慰謝料の請求をされる可能性があります。女性は非常に強かです。

子供がいる場合は養育費を請求されます。

大切な子供なのに毎日顔を会わせることも叶わないのに、お金だけ支払う生活を想像するだけで、ハイリスクな結婚に魅力を感じない傾向にあります。

お金に余裕がない方が一緒に暮らすことで食事の管理や家計を任せたり、仕事をより頑張ろうとする傾向にあります。

お金がある故に余裕のある生活を手放すことが難しくなります。

結婚しない男はマザコン

結婚しない男はマザコンです。

全員ではありませんが、マザコンが多い傾向があります。

自分の周りの人間で、家庭をもって、子育てをやり遂げられた女性は母親です。

小さい頃からどんな食事を用意して、どんな生活をして、どんな子育てをしてきたか、母親を見れば分かります。

そこが基準になっているため、最低限、自分の母親くらいのことは出来てほしい、と願ってしまいます。

現実問題、家事ができない女性が増えています。昔ほど家事に女性を必要としなくなりました。

機械で代用できるため、機械がなかった時代に頑張っていた母親くらいのレベルはかなりハードルが高くなります。

そのため、マザコンと言えるのです。

出来ないことが当たり前、と思って、一緒に少しずつ出来ることを増やしていくという想いでいないと母親ほどの女性は少ないです。

結婚しない男の理由は?

外見だけでなく中身も大事

私が彼と出会ったのは女友だちTにさそわれたからでした。

会社帰りで、女二人男二人の四人でご飯を食べました。私以外はみんな顔見知りでした。

Tの会社の先輩とその男友達だったからです。

見た目は、ハーフのような顔立ちですごくはっきりとした整った顔でした。

正直もろタイプで一目惚れでした。

あまり多くを語らないところにもひかれました。

そんな彼がクールでいいなと思いすぐにアタックをしました。

何度か食事にいって、彼の人柄の良さもなんとなくですが理解できた気がしました。

自分の事をあまりさらけだすような人ではありませんでした。

それでも一緒にいるのが幸せなのであまりきにもとめていませんでした。

本当は付き合っていくなかで相手のことをもっと知るということをすべきだったと後悔しています。

まわりの結婚ラッシュ

私は26歳だったので、まわりは結婚が早い人が多くて結婚ラッシュにわいていました。

やはり、私も結婚式招待されると幸せいっぱいになって結婚いいなという憧れが強くなっていきました。

仕事まだ始めて数年しかたっていないけど、結婚への期待と憧れはつよくもっていました。

それゆえに、彼とのデートでも度々結婚した友だちの話や、結婚いいよねという話を自然としていました。

すぐに結婚というわけではありませんでしたが、彼といつかという思いはありました。

そういう気持ちで話していたのですが、彼はあまりのりきではなかったのです。その彼の気持ちに気が付いたのが丁度一年たったときに別れようと言われたときでした。

理由は俺は一生結婚できないというものでした。

突然の別れにパニック

今まで別れるというようなそぶりがまったくなかったので、頭が真っ白になって思考回路がついていきませんでした。

やっとの思いでふりしぼったのが、一生結婚できないって、結婚をせかしたように感じたならそうじゃなくて、いずれできたらいいなという思いであったことを彼に伝えました。

しかし、彼は、俺は一生結婚するつもりはないときっぱり断言しました。

そのときにわたしも必死で悪いところがあるならなおすからとなってしまっていましたが、彼の気持ちをきちんと聞くべきでした。

その場に彼と一緒にいるのがいたたまれなくて辛くて、一人でその日は帰宅しました。

彼は車で送るといっていましたが、わたしは辛すぎて一緒にもういられないと考えたからでした。

結婚出来ない男との再会

彼を忘れるために2年の歳月を費やしました。

最初は胸が苦しくて耐えられない日々で何もてにつきませんでした。

しかし、他の男性とお付き合いをしてみて、気をまぎらわせたりしました。

その間友だち伝えに元カレが私と会いたがっていることを聞きました。

心がゆれました。

でも結婚はもうしなくてもいいから彼とまたつきあいたいという気持ちのが勝りました。

彼との再会のためBBQに参加して、彼を見つけました。

少し太っていましたがかっこいいと感じるのはかわりありませんでした。

最初の会話はお互い何していたと、ぎこちない会話でしたが、次第にうちとけていきました。

彼ともう一度やり直したいことを伝えました。

彼は少し待ってほしいと返事を先伸ばしにしました。

付き合うからには結婚を前提に

彼が返事をくれたのはそれから一週間後でした。

彼と公園で待ち合わせをして日向ぼっこをしながら、付き合うことへの返事を彼が切り出しました。

一度別れたときに一生結婚できないという話をした理由は、彼が躁鬱だったからだと話しました。

想像もしていなかったことに私は驚きを隠せませんでした。

わたしが彼にいつからと聞くと彼は私と付き合う前からだったと、薬を処方して病院にも通っていることを話しました。

私は一年つきあっていて彼のなにをみていたんだろうと恥ずかしくなりました。

彼の外見だけで内面をしっかりみれていなかったのではないかと哀しくなりました。

きがついてあげられなくてごめんね、辛かったねとやっとの思いで声をかけられました。

彼は自分が躁鬱だからいつ急に自殺してしまうかもしれないという恐怖から一生結婚できないとの決断をだしていたのです。

私は彼に結婚できなくてもいい、もし出来るならわたしがあなたを支えたいと言いました。

彼がかかえていた悩みをきちんときいてあげられず、自分よがりの結婚願望をおしつけるのは、本当の恋愛ではないと学びました。

結婚出来ない男の人にはひとそれぞれの理由があるので一概にだめな男性とは言いきれません。

結婚しない男性について

結婚しない男性の性格と考えていることは?

結婚しない男というのは主に自分のことを最優先としていて例えば仕事や趣味などに没頭しているといったマイペースな男性が多いのです。

そこでその結婚しない男性の考えというのは先に述べたとおり趣味や仕事に没頭するといった自分のことだけを考えるといった自己中心的な考えを持つことが多いです。

また自分のことを大切にしているので彼女と結婚することによって責任感が増してかつストレスを感じやすくなってしまうのを嫌うといった男性がいますがそういった男性はネガティブ思考を持っていることもあります。

ほかにも結婚しない男性というのは理想が高く女性に対する好みがあまりにも非現実的に近い女性が好みである男性でこういった男性はプライドが高いこともあります。

結婚しない男性を見分けるには?

自分が男性と付き合ったときに結婚しない男性を見分けるにはどうしたらいいのかはまずその男性について調べる必要があって特に職業について念入りに調べる必要があります。

なぜその男性の職業を念入りに調べる必要があるのかというと結婚しない男性というのは自分のことだけ考える男性が多くてさらにプライドや理想が高くてフリーターもしくはきちんとした会社で働いたことがない男性が多くて仕事に就いてほしいと彼女が願っても定職に就かない男性が多くて高い目標を掲げているにも関わらず何もしない男性が多いです。

また結婚に関する話をしてみるのもオススメします。

理由は付き合い始めて何か素っ気ないなどと思ったときに不意に結婚の話をしてみて興味なさそうな反応をしているということは結婚に興味ない男性といっても過言ではありません。

なぜ結婚しない男性が増えているのか?

なぜ結婚しない男性が増えているのかというと原因はその男性の性格も原因でもありますが日本の社会も原因に含まれます。

その社会の原因というのはまず女性の社会進出で女性が社会に進出したことによって付き合ったときに生活と仕事を両立させることが不可能になって生活において男性も仕事をしているのでその男性は一人の時間を重要視することが多くなって結果として付き合ってはいるけど結婚はしない男性が増えています。

また先に述べたことに関連して性欲が低下してしまって理由は先に述べたとおり二人とも仕事してしまって結果として二人とも疲れ果ててしまって性欲が満たされずストレスが解消されないまま問題を抱えてしまって結婚する前に別れてしまうといったことがあって結婚しない男性が増えているのです。

結婚しない男性との付き合い方はあるのか?

それでもその結婚しない男性に魅力を感じて付き合いたいという場合にはまず結婚のメリットを伝えることをオススメします。

理由は結婚しない男性というのは「結婚」に関して否定的な考えを持っているので結婚することで得るメリットを伝えてその否定的な考え方を変えるように根気強く伝えることをオススメします。

またその結婚しない男性を理解することも重要で一番効率がいいのはその男性の気持ちになって考えることでその男性を深く理解できます。

そしてその男性の性格を読み取ることで次第に心を開かせるようにすることを目的にするのもオススメします。

ほかにも自分自身がより魅力的な女性になるよう磨くかもしくは最終的には別れ話を持っていってその男性に心配させることも手段の一つでもあります。

まとめ

まとめとして結婚しない男性というのは自己中心な考えを持っていてかつプライドが高いといった駄目な男性のように見えますが逆に合理的で賢くて金持ちである男性が多いのでちゃんとした付き合い方を知ることで結婚させることが可能になります。

また結婚しない男性というのはほぼ男性の原因が多いですが付き合っている自分自身にも原因があることを自覚して自身の見直しをしてみることをオススメします。

ほかにも自身の生活や付き合い方を見直してかつ生活などに関するスケジュールを相談しながら互いを気遣って支え合うことをオススメします。

そして結婚しない男性との付き合い方が行き詰った場合には他の人に相談もしくは他の記事を参考にすることをオススメします。

結婚しない男が情けない
最新情報をチェックしよう!