【女性が感じた実体験】デキ婚した男の本音

私が男性としてデキちゃった婚してしまったことによります男の本音を公開したいと思います。幸いにも社会人1年目で結婚する前に妊娠してしまい、妊娠が発覚しましてから、妻のご両親に結婚の許可を頂く形となりました。デキちゃった婚のメリットから、デメリットについて幅広く紹介させて頂きたいと思います。万が一妊娠してしまった場合につきましては、私の持論ではありますが、社会人であれば、そのまま腹をくくって結婚するのが一番幸せだと思います。

デキ婚でのメリットについて

デキ婚でのメリットについては、とにかくすぐに結婚できることであります。今までは、結婚しようかどうか迷っていたタイミングでありましても、デキ婚することによりまして、すぐに結婚することができてしまいます。それだけではなくて、赤ちゃんができると言うことはお互いの両親達が祝福してくれる内容となりますので、非常に良い形で、祝福してくれると思います。やはり子宝に恵まれると言うのは想定していないことでありますので、それが実現できるので、お互いの両親からは祝福してくれます。

デキ婚のメリットについて2

デキ婚のメリットにつきましては、まだまだありまして、これまで、彼女の両親が結婚を渋っていた状況でありましても、子宝に恵まれることで、「結婚しなきゃな」って感じになりますので、非常に得をしたような気分になることは間違えありません。また、友達等からも祝福を得ることができますので、デキ婚で怒られるのでは?と言う感じになってしまうこともあると思いますが、私の場合は、妻の両親に結婚式の費用から全て出して頂くことができました。

デキ婚後は、育児が最初は辛いが後はスムーズ

デキ婚後につきましては、若い時に大体のカップルのケースとしましては、妊娠してしまいますので、育児としては、若い盛りで夜泣き等が非常に厳しいと思いますが、育児を通して、若い夫婦だからこそ乗り越えられるものが非常にありますので、若い夫婦であることを武器にしまして、少々辛いことでも乗り越えていくことのできる将来が待ち受けております。デキ婚は育児こそ最初は大変でありますが、慣れてきますと、そうでもありませんので、若い内の苦労として育児をやり過ごすことができます。

デキ婚で、各種給付金を頂くことができること。

デキ婚でありまして、子宝を授かりましたら、行政から色々と補助を受けとることができる形となります。私が、デキ婚で良かったなと思えましたのは、私たちが子育てをした場所としましては、僻地でありましたが、僻地であるが故の育児給付金を様々な形で頂くことができましたので、非常に良かったとおもいました。自治体によって温度差はありますが、数十万円頂けたり等しますので、生活に反映させることができます。子供が大きくなりましたら、子供手当ても頂くことができます。

デキ婚した男の本音
最新情報をチェックしよう!